新しい旅のかたちをデザインする

STAY

食べよう、あなごめし

    moon riverに泊まって行く宮島。朝出発して、厳島神社を訪れると時間的にお昼を島で迎えることになると思います。そうなると名物をいただきたいものですね。

    宮島と言えば「あなごめし」が有名です。あなごめしは、アナゴの白焼きに醤油、砂糖、みりんを使った「たれ」を塗ってご焼き、それをご飯の上にのせたどんぶりものです。お店によってはアナゴを蒸したり、ご飯をたれで炊き込んで味付けしたものもあります。
    アナゴが宮島で有名なのはカキと関係があります。広島県はカキ養殖が盛んで全国1位の生産量です。宮島のある廿日市市でも行われ、宮島へ渡るフェリーからは瀬戸内海に浮かぶカキ養殖に使われているかきいかだを見ることがあります。そのカキのエサとなるプランクトンを求めて小魚が集まりそれを食べるアナゴが多く集まります。そのアナゴは脂がのっておいしいというわけです。
    JR宮島口駅周辺や、島内では宮島の商店街などあなごめしを提供しているお店が色々ありますので、宮島へ行く前に下調べされてみるのが良いかと思います。ふわふわした食感と、甘じょっぱいたれのハーモニーをどうぞお楽しみください。
    また、JR宮島口駅で駅弁としてあなごめしを提供している「うえの」では、あなごめし弁当のテイクアウトもできます。それだけでなく、あなごめしを作るときに発生する味付けあなごの切れ端の部分を、お店内部の待合所の中で購入できます。

    moonriverに戻ったら、ご飯を炊いてあなごの切れ端と一緒に食べるのもおすすめです。

    RELATED

    PAGE TOP