新しい旅のかたちをデザインする

森と海

珍しい四角形の灯台。安乗埼灯台

    森と海に宿泊されたら、車で約10分で行くことができる珍しい四角形の灯台「安乗埼(あのりざき)灯台」へドライブしてみませんか?

    2013年に、国の有形文化財にも登録された、日本にある登れる灯台の1つです。入場料は300円、小学生以下は無料です。初代は1973年に建てられた木造の八角形で、現在は東京の船の科学館に移転保存されています。2代目の灯台は全国的にも珍しい四角形の白亜の灯台なので一見の価値があります。また映画「喜びも悲しみも幾歳月(いくとしつき)」のロケ地に使われた場所でもあります。

    場所は的矢湾と太平洋を隔てる安乗岬に位置し、美しく青い海に囲まれています。晴れた日には静岡県の御前崎、また遠くに富士山も見ることができ、元旦には初日の出も楽しめる絶景スポットで多くの写真家も訪れるほどです。駐車場はありますが、通ったことがあるのですが到着まで住宅街などの細い道を通る必要があります。初めて行かれる方はナビなどを使われるほうが良いと思います。

    周辺の安乗埼園地は芝生広場になっており、この灯台の歴史や資料が展示されている安乗埼灯台資料館もあります。また、テレビでも紹介されたことのある「きんこ芋工房 上田商店」では、きんこ芋と呼ばれる干し芋を使ったスイーツが販売されています。女性客が多く、人気メニューの「きんこ芋プレミアムパフェ」は頼む価値があります。また、テイクアウト可能な「芋蜜のムースプリン」はおみやげで人気の商品です。

    絶景を眺められる灯台・カフェで心身ともにリフレッシュするのはいかがでしょうか。

    所在地:三重県志摩市阿児町安乗794-1

     

     

    RELATED

    PAGE TOP